吉備津彦、闇吉備津系のお手本プレイ

なかなかいい勝負になってるのは、サブ垢だから。

吉備津彦、闇吉備津系のお手本プレイ・2018/3/8-9
これはブロンズなのですが、やっぱりこのくらいが私のレベルとしては妥当でしょう。

また11日の15:00くらいですが、参加ユーザーの減少もわかります。
相手チームのほぼ1勝で、ランキングが8938位。

前回は、11000位くらいまでは確認できています。
う考えると3か月程度で、1割以上ユーザーが減っています。

 

で、こちらの試合。 闇吉備津のみごとな先制アタックのお手本が見られます。

もう見ればわかりますが、熟知されているプレイヤーですね。

もう一瞬の迷いもありません。
かぐやなら速効でキルできることを知っている動きです。

 

兵士の横を通った瞬間に、「終わり」とわかるのですが、一応にげてみました。

左の闇吉備津?の助けがあり、ふたたび中央へ。
でもかぐやでは何もできないので、同じくやられるだけしかありません。

 

あとは兵士を1人でも多く処理してから死のうと思ってるだけなので、バトルというかじゃんけんで勝負がきまってるんですよね。

すぐにこの位置に寄られてしまうので、かぐやは撃破ダメージのボーナスキャラでしかありません。
無敵時間をフルにつかって、撤退までの時間稼ぎしかできないのです。

 

いかにおいしいキャラかわかる動画ですね。
対かぐやで、これを狙わないのは損なのですよ。

こんなに楽に中央拠点も折ることができるので、タイムアタックのつもりでかぐや殺しにチャレンジしましょう。

また別の機会に説明しますが、ロビン系もかぐやはただのエサです。
おもしろいように倒すことができるので、取りこぼさないようにしましょう。

 

 

 

 

ゲーセンでワンダーランドウォーズヲタになりつつ週末プレイヤー難易度が高く足を引っ張ってばかりですけど、修行だと思ってマッチングされた方宜しくお願いいたします♪

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ