PR

路頭に迷った極貧母娘を拾ったらとんでもなく感謝されて恩返しに毎晩親子丼中出し 有岡みう 星宮ゆのん

【W巨乳親子丼生活】旦那は借金残して不倫女と蒸発!
残された母娘はどん底返済生活に…助けを求めたのは隣人の僕だった。
お風呂を貸したらすごく感謝されて身体でお礼がしたいとお願いされ巨乳ママに中出しさせてもらう。
娘ちゃんにもお礼したいと迫られてダメだと思いながらも誘惑に負けてご奉仕セックスで膣内で果てた…毎日恩返しが絶えない巨乳母娘に密着される親子丼ハーレム生活!
つまらなかった人生が変わった…。
※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。
特集 最新作やセール商品など、お得な情報満載の『ムーディーズ』はこちら!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

サンプル動画

サンプル画像

クリックすると大きな画像で表示します。

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. 夢のような設定

    借金返済のために体で払うという設定はこれまで何度となく観てきたが、自ら母娘で奉仕していくのはなかなかありそうでなかった。
    また、女優さんがふたりとも肉づきがよくやらしい感じがまた良い。

    個人的好みだが娘がタメ口なのが私は気になった。
    『奉仕させて頂きます』とあえて、へりくだる方が依存的ぽくて良かったかな。

  2. ご都合主義

    ご都合主義のストーリーですがそこがよいですね
    ただ一人づつでの絡みから入るのがハーレムものとして弱いですが
    全体のストーリーを考えると仕方がないですかね
  3. 1970351さん より:
    男の夢が現実に

    ありえないことだが夢のような事
    有岡みうが若いので親子と言うよりは姉妹に感じてしまう。

    星宮ゆのんも角度によって少しフケて見える
    あと、夜の時間帯が設定なので、全体的に画面が暗い

  4. LEMさん より:
    前半はいいが・・・

    旦那の浮気で貧困に陥った母子を保護したことで夢の生活って話。

    悪くない。

    4回の絡みのうち、お礼として誘惑してきた1回目の絡み。

    有岡との絡みはなかなかカメラアングルもよく良かった。

    が、その後が続かない。
    狭い範囲からの単調なカメラアングルで抜き挿しを避けるような
    アングルが続き、いまいち。
    時折離れすぎるよう意味不明のアングルを繰り返すことも
    減点。
    最初が良かっただけにがっかりした。

  5. 夢のような設定

    借金返済のために体で払うという設定はこれまで何度となく観てきたが、自ら母娘で奉仕していくのはなかなかありそうでなかった。
    また、女優さんがふたりとも肉づきがよくやらしい感じがまた良い。

    個人的好みだが娘がタメ口なのが私は気になった。
    『奉仕させて頂きます』とあえて、へりくだる方が依存的ぽくて良かったかな。

  6. LEMさん より:
    前半はいいが・・・

    旦那の浮気で貧困に陥った母子を保護したことで夢の生活って話。

    悪くない。

    4回の絡みのうち、お礼として誘惑してきた1回目の絡み。

    有岡との絡みはなかなかカメラアングルもよく良かった。

    が、その後が続かない。
    狭い範囲からの単調なカメラアングルで抜き挿しを避けるような
    アングルが続き、いまいち。
    時折離れすぎるよう意味不明のアングルを繰り返すことも
    減点。
    最初が良かっただけにがっかりした。

  7. 夢のような設定

    借金返済のために体で払うという設定はこれまで何度となく観てきたが、自ら母娘で奉仕していくのはなかなかありそうでなかった。
    また、女優さんがふたりとも肉づきがよくやらしい感じがまた良い。

    個人的好みだが娘がタメ口なのが私は気になった。
    『奉仕させて頂きます』とあえて、へりくだる方が依存的ぽくて良かったかな。

  8. 有岡“お母さん”みう女史

    私には初見の星宮ゆのん氏と、我々有岡一族の族長、有岡みう女史の共演作。

    星宮氏は新人さんらしいです。

    かわいそうな母娘に優しくしたら、お礼にいいことしてくれるってタイトル通りのお話。

    有岡女史もお母さん役ですか。
    時の移ろいを感じますね。

    いや~、すごいねぇ。
    毎回毎回有岡女史にはおみまいされてる私ではあるが、今回は有岡女史史上、最強のおみまいをおみまいされてしまった。

    なににおみまいされてしまったかって言うと、有岡“お母さん”みう女史の演技にである。

    なんて言うんですかね?影があると言いますか、薄幸そうなと言いますか、とにかくだ、そんな感じがお見事なのだ。

    頭の下げ方とか、正座の仕方とか、所作?所作か?所作から滲みでるのです。
    幸の薄さが滲みでてるのです。

    私のデータベースによると、今回で3作目の薄幸奥さん役のハズである。

    前2作の薄幸奥さんもお見事でしたけど、今回はそらもうねぇ、私のような語彙力の低いすずむしにはなんて言ったらいいのかわからなく、ただすげーとしか言いようがないのです。

    そんな有岡女史の演技をおみまいされてしまったからには、私にはこの母娘の幸せを心から願うしかできないのでした。

    今まで有岡女史に尽くしてきた忠誠心は間違いなかったと、改めて思い知らされてしまいました。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    チャプターとしては、
    1.お母さんのシングルマッチ
    2.娘さんのシングルマッチ
    3.母娘のタッグマッチ-1
    4.母娘のタッグマッチ-2
    5.母娘のタッグマッチ-3
    である。

    なんだかチャプター3からは普通の、ごくごく普通のAVになってしまっている。

    AVだから都合のいい展開になるのはあたりまえなのだが、娘と一緒にそういうことをするのに、なんの葛藤も罪悪感もなくお話が進んでしまう。

    前半と比較するとトーンダウンしているのが非常に残念だ。

    さて、今回も有岡女史を褒め倒したのだが、ここでえこひいきをもう一つまみ追加したい。

    まだ経験値が低いであろう星宮氏をリードする有岡女史である。

    お母さん役ということもあり、自然にリードする姿に有岡“アニキ”みう女史の男前っぷりを感じずにはいられないのだ。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    この母娘の幸せを願い、尻子玉を幸運を呼ぶパワーストーンだと偽り、有岡女史に差し出すことしか私にはできないのでした。

  9. 1970351さん より:
    男の夢が現実に

    ありえないことだが夢のような事
    有岡みうが若いので親子と言うよりは姉妹に感じてしまう。

    星宮ゆのんも角度によって少しフケて見える
    あと、夜の時間帯が設定なので、全体的に画面が暗い

  10. ghjさん より:
    個人的には良かった

    最初の有岡さん
    声抑えながら(抑えきれてないけど)
    キスするところめっちゃエロかった!

    星宮さんは初めて見ましたが
    コンビネーション良かった感じがします

  11. 1970351さん より:
    男の夢が現実に

    ありえないことだが夢のような事
    有岡みうが若いので親子と言うよりは姉妹に感じてしまう。

    星宮ゆのんも角度によって少しフケて見える
    あと、夜の時間帯が設定なので、全体的に画面が暗い

  12. 良かったです

    内容も良かったですしカメラのアングルや撮り方もよく見ごたえある作品でした
  13. 良かったです

    内容も良かったですしカメラのアングルや撮り方もよく見ごたえある作品でした
  14. 同情から母親と娘と親子丼

    母親からの電話であれこれ言われている独身男。
    その電話中に隣の部屋から揉め事の声が聞こえて来た。
    隣の家族は夫が女の所に行ってしまい捨てられた母娘。
     その2人が独身男の所を訪ねて来た。
    ガスを止められてしまいお風呂を貸して欲しいとの事。
    快くお風呂を貸した後一緒に夕食をする事になった。
     独身男は母娘が不憫に思いここに居ないかと提案。
    母娘の母親はその話を受け入れた。
     母親は身体でお礼をしたいと言い独身男に抱かれたが その一部始終を娘は母親を見習うように独身男にキスをして身体を捧げる。
     その後も母娘2人は独身男と3Pプレイを行う日々が始まった。
     そんな中借金を夫の両親が立替て母親の支払い義務が無くなったと連絡が入る。
     それを聞いた独身男は母娘にこのまま一緒に暮らさないかと求愛。
     母親はそれを嬉しく感じ受け入れ娘も喜び幸せを手に入れたのだった。
     

    ほのぼのとした物語です。
     同情から始まったのだがそれが幸せに繋がったはなし。
     娘が身体を捧げるのは最初だけにしたら自然だったかも。
     結局一緒に暮らす事になっても3Pは変わらず今後母を選ぶのか娘を選ぶのか? 母親を選ぶのが普通でしょうが娘も関係を続けるなら嫉妬が生まれそうと余計な心配をしてしまいました。
     凌辱とか犯されるAVばかりの中 こんなAVも良いなと感じた作品でした。

  15. ghjさん より:
    個人的には良かった

    最初の有岡さん
    声抑えながら(抑えきれてないけど)
    キスするところめっちゃエロかった!

    星宮さんは初めて見ましたが
    コンビネーション良かった感じがします

  16. 有岡“お母さん”みう女史

    私には初見の星宮ゆのん氏と、我々有岡一族の族長、有岡みう女史の共演作。

    星宮氏は新人さんらしいです。

    かわいそうな母娘に優しくしたら、お礼にいいことしてくれるってタイトル通りのお話。

    有岡女史もお母さん役ですか。
    時の移ろいを感じますね。

    いや~、すごいねぇ。
    毎回毎回有岡女史にはおみまいされてる私ではあるが、今回は有岡女史史上、最強のおみまいをおみまいされてしまった。

    なににおみまいされてしまったかって言うと、有岡“お母さん”みう女史の演技にである。

    なんて言うんですかね?影があると言いますか、薄幸そうなと言いますか、とにかくだ、そんな感じがお見事なのだ。

    頭の下げ方とか、正座の仕方とか、所作?所作か?所作から滲みでるのです。
    幸の薄さが滲みでてるのです。

    私のデータベースによると、今回で3作目の薄幸奥さん役のハズである。

    前2作の薄幸奥さんもお見事でしたけど、今回はそらもうねぇ、私のような語彙力の低いすずむしにはなんて言ったらいいのかわからなく、ただすげーとしか言いようがないのです。

    そんな有岡女史の演技をおみまいされてしまったからには、私にはこの母娘の幸せを心から願うしかできないのでした。

    今まで有岡女史に尽くしてきた忠誠心は間違いなかったと、改めて思い知らされてしまいました。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    チャプターとしては、
    1.お母さんのシングルマッチ
    2.娘さんのシングルマッチ
    3.母娘のタッグマッチ-1
    4.母娘のタッグマッチ-2
    5.母娘のタッグマッチ-3
    である。

    なんだかチャプター3からは普通の、ごくごく普通のAVになってしまっている。

    AVだから都合のいい展開になるのはあたりまえなのだが、娘と一緒にそういうことをするのに、なんの葛藤も罪悪感もなくお話が進んでしまう。

    前半と比較するとトーンダウンしているのが非常に残念だ。

    さて、今回も有岡女史を褒め倒したのだが、ここでえこひいきをもう一つまみ追加したい。

    まだ経験値が低いであろう星宮氏をリードする有岡女史である。

    お母さん役ということもあり、自然にリードする姿に有岡“アニキ”みう女史の男前っぷりを感じずにはいられないのだ。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    この母娘の幸せを願い、尻子玉を幸運を呼ぶパワーストーンだと偽り、有岡女史に差し出すことしか私にはできないのでした。

  17. 有岡“お母さん”みう女史

    私には初見の星宮ゆのん氏と、我々有岡一族の族長、有岡みう女史の共演作。

    星宮氏は新人さんらしいです。

    かわいそうな母娘に優しくしたら、お礼にいいことしてくれるってタイトル通りのお話。

    有岡女史もお母さん役ですか。
    時の移ろいを感じますね。

    いや~、すごいねぇ。
    毎回毎回有岡女史にはおみまいされてる私ではあるが、今回は有岡女史史上、最強のおみまいをおみまいされてしまった。

    なににおみまいされてしまったかって言うと、有岡“お母さん”みう女史の演技にである。

    なんて言うんですかね?影があると言いますか、薄幸そうなと言いますか、とにかくだ、そんな感じがお見事なのだ。

    頭の下げ方とか、正座の仕方とか、所作?所作か?所作から滲みでるのです。
    幸の薄さが滲みでてるのです。

    私のデータベースによると、今回で3作目の薄幸奥さん役のハズである。

    前2作の薄幸奥さんもお見事でしたけど、今回はそらもうねぇ、私のような語彙力の低いすずむしにはなんて言ったらいいのかわからなく、ただすげーとしか言いようがないのです。

    そんな有岡女史の演技をおみまいされてしまったからには、私にはこの母娘の幸せを心から願うしかできないのでした。

    今まで有岡女史に尽くしてきた忠誠心は間違いなかったと、改めて思い知らされてしまいました。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    チャプターとしては、
    1.お母さんのシングルマッチ
    2.娘さんのシングルマッチ
    3.母娘のタッグマッチ-1
    4.母娘のタッグマッチ-2
    5.母娘のタッグマッチ-3
    である。

    なんだかチャプター3からは普通の、ごくごく普通のAVになってしまっている。

    AVだから都合のいい展開になるのはあたりまえなのだが、娘と一緒にそういうことをするのに、なんの葛藤も罪悪感もなくお話が進んでしまう。

    前半と比較するとトーンダウンしているのが非常に残念だ。

    さて、今回も有岡女史を褒め倒したのだが、ここでえこひいきをもう一つまみ追加したい。

    まだ経験値が低いであろう星宮氏をリードする有岡女史である。

    お母さん役ということもあり、自然にリードする姿に有岡“アニキ”みう女史の男前っぷりを感じずにはいられないのだ。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    この母娘の幸せを願い、尻子玉を幸運を呼ぶパワーストーンだと偽り、有岡女史に差し出すことしか私にはできないのでした。

  18. 同情から母親と娘と親子丼

    母親からの電話であれこれ言われている独身男。
    その電話中に隣の部屋から揉め事の声が聞こえて来た。
    隣の家族は夫が女の所に行ってしまい捨てられた母娘。
     その2人が独身男の所を訪ねて来た。
    ガスを止められてしまいお風呂を貸して欲しいとの事。
    快くお風呂を貸した後一緒に夕食をする事になった。
     独身男は母娘が不憫に思いここに居ないかと提案。
    母娘の母親はその話を受け入れた。
     母親は身体でお礼をしたいと言い独身男に抱かれたが その一部始終を娘は母親を見習うように独身男にキスをして身体を捧げる。
     その後も母娘2人は独身男と3Pプレイを行う日々が始まった。
     そんな中借金を夫の両親が立替て母親の支払い義務が無くなったと連絡が入る。
     それを聞いた独身男は母娘にこのまま一緒に暮らさないかと求愛。
     母親はそれを嬉しく感じ受け入れ娘も喜び幸せを手に入れたのだった。
     

    ほのぼのとした物語です。
     同情から始まったのだがそれが幸せに繋がったはなし。
     娘が身体を捧げるのは最初だけにしたら自然だったかも。
     結局一緒に暮らす事になっても3Pは変わらず今後母を選ぶのか娘を選ぶのか? 母親を選ぶのが普通でしょうが娘も関係を続けるなら嫉妬が生まれそうと余計な心配をしてしまいました。
     凌辱とか犯されるAVばかりの中 こんなAVも良いなと感じた作品でした。

  19. 有岡“お母さん”みう女史

    私には初見の星宮ゆのん氏と、我々有岡一族の族長、有岡みう女史の共演作。

    星宮氏は新人さんらしいです。

    かわいそうな母娘に優しくしたら、お礼にいいことしてくれるってタイトル通りのお話。

    有岡女史もお母さん役ですか。
    時の移ろいを感じますね。

    いや~、すごいねぇ。
    毎回毎回有岡女史にはおみまいされてる私ではあるが、今回は有岡女史史上、最強のおみまいをおみまいされてしまった。

    なににおみまいされてしまったかって言うと、有岡“お母さん”みう女史の演技にである。

    なんて言うんですかね?影があると言いますか、薄幸そうなと言いますか、とにかくだ、そんな感じがお見事なのだ。

    頭の下げ方とか、正座の仕方とか、所作?所作か?所作から滲みでるのです。
    幸の薄さが滲みでてるのです。

    私のデータベースによると、今回で3作目の薄幸奥さん役のハズである。

    前2作の薄幸奥さんもお見事でしたけど、今回はそらもうねぇ、私のような語彙力の低いすずむしにはなんて言ったらいいのかわからなく、ただすげーとしか言いようがないのです。

    そんな有岡女史の演技をおみまいされてしまったからには、私にはこの母娘の幸せを心から願うしかできないのでした。

    今まで有岡女史に尽くしてきた忠誠心は間違いなかったと、改めて思い知らされてしまいました。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    チャプターとしては、
    1.お母さんのシングルマッチ
    2.娘さんのシングルマッチ
    3.母娘のタッグマッチ-1
    4.母娘のタッグマッチ-2
    5.母娘のタッグマッチ-3
    である。

    なんだかチャプター3からは普通の、ごくごく普通のAVになってしまっている。

    AVだから都合のいい展開になるのはあたりまえなのだが、娘と一緒にそういうことをするのに、なんの葛藤も罪悪感もなくお話が進んでしまう。

    前半と比較するとトーンダウンしているのが非常に残念だ。

    さて、今回も有岡女史を褒め倒したのだが、ここでえこひいきをもう一つまみ追加したい。

    まだ経験値が低いであろう星宮氏をリードする有岡女史である。

    お母さん役ということもあり、自然にリードする姿に有岡“アニキ”みう女史の男前っぷりを感じずにはいられないのだ。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    この母娘の幸せを願い、尻子玉を幸運を呼ぶパワーストーンだと偽り、有岡女史に差し出すことしか私にはできないのでした。

  20. LEMさん より:
    前半はいいが・・・

    旦那の浮気で貧困に陥った母子を保護したことで夢の生活って話。

    悪くない。

    4回の絡みのうち、お礼として誘惑してきた1回目の絡み。

    有岡との絡みはなかなかカメラアングルもよく良かった。

    が、その後が続かない。
    狭い範囲からの単調なカメラアングルで抜き挿しを避けるような
    アングルが続き、いまいち。
    時折離れすぎるよう意味不明のアングルを繰り返すことも
    減点。
    最初が良かっただけにがっかりした。

  21. 夢のような設定

    借金返済のために体で払うという設定はこれまで何度となく観てきたが、自ら母娘で奉仕していくのはなかなかありそうでなかった。
    また、女優さんがふたりとも肉づきがよくやらしい感じがまた良い。

    個人的好みだが娘がタメ口なのが私は気になった。
    『奉仕させて頂きます』とあえて、へりくだる方が依存的ぽくて良かったかな。

  22. 同情から母親と娘と親子丼

    母親からの電話であれこれ言われている独身男。
    その電話中に隣の部屋から揉め事の声が聞こえて来た。
    隣の家族は夫が女の所に行ってしまい捨てられた母娘。
     その2人が独身男の所を訪ねて来た。
    ガスを止められてしまいお風呂を貸して欲しいとの事。
    快くお風呂を貸した後一緒に夕食をする事になった。
     独身男は母娘が不憫に思いここに居ないかと提案。
    母娘の母親はその話を受け入れた。
     母親は身体でお礼をしたいと言い独身男に抱かれたが その一部始終を娘は母親を見習うように独身男にキスをして身体を捧げる。
     その後も母娘2人は独身男と3Pプレイを行う日々が始まった。
     そんな中借金を夫の両親が立替て母親の支払い義務が無くなったと連絡が入る。
     それを聞いた独身男は母娘にこのまま一緒に暮らさないかと求愛。
     母親はそれを嬉しく感じ受け入れ娘も喜び幸せを手に入れたのだった。
     

    ほのぼのとした物語です。
     同情から始まったのだがそれが幸せに繋がったはなし。
     娘が身体を捧げるのは最初だけにしたら自然だったかも。
     結局一緒に暮らす事になっても3Pは変わらず今後母を選ぶのか娘を選ぶのか? 母親を選ぶのが普通でしょうが娘も関係を続けるなら嫉妬が生まれそうと余計な心配をしてしまいました。
     凌辱とか犯されるAVばかりの中 こんなAVも良いなと感じた作品でした。

  23. ghjさん より:
    個人的には良かった

    最初の有岡さん
    声抑えながら(抑えきれてないけど)
    キスするところめっちゃエロかった!

    星宮さんは初めて見ましたが
    コンビネーション良かった感じがします

  24. LEMさん より:
    前半はいいが・・・

    旦那の浮気で貧困に陥った母子を保護したことで夢の生活って話。

    悪くない。

    4回の絡みのうち、お礼として誘惑してきた1回目の絡み。

    有岡との絡みはなかなかカメラアングルもよく良かった。

    が、その後が続かない。
    狭い範囲からの単調なカメラアングルで抜き挿しを避けるような
    アングルが続き、いまいち。
    時折離れすぎるよう意味不明のアングルを繰り返すことも
    減点。
    最初が良かっただけにがっかりした。

  25. 良かったです

    内容も良かったですしカメラのアングルや撮り方もよく見ごたえある作品でした
  26. ご都合主義

    ご都合主義のストーリーですがそこがよいですね
    ただ一人づつでの絡みから入るのがハーレムものとして弱いですが
    全体のストーリーを考えると仕方がないですかね
  27. 有岡“お母さん”みう女史

    私には初見の星宮ゆのん氏と、我々有岡一族の族長、有岡みう女史の共演作。

    星宮氏は新人さんらしいです。

    かわいそうな母娘に優しくしたら、お礼にいいことしてくれるってタイトル通りのお話。

    有岡女史もお母さん役ですか。
    時の移ろいを感じますね。

    いや~、すごいねぇ。
    毎回毎回有岡女史にはおみまいされてる私ではあるが、今回は有岡女史史上、最強のおみまいをおみまいされてしまった。

    なににおみまいされてしまったかって言うと、有岡“お母さん”みう女史の演技にである。

    なんて言うんですかね?影があると言いますか、薄幸そうなと言いますか、とにかくだ、そんな感じがお見事なのだ。

    頭の下げ方とか、正座の仕方とか、所作?所作か?所作から滲みでるのです。
    幸の薄さが滲みでてるのです。

    私のデータベースによると、今回で3作目の薄幸奥さん役のハズである。

    前2作の薄幸奥さんもお見事でしたけど、今回はそらもうねぇ、私のような語彙力の低いすずむしにはなんて言ったらいいのかわからなく、ただすげーとしか言いようがないのです。

    そんな有岡女史の演技をおみまいされてしまったからには、私にはこの母娘の幸せを心から願うしかできないのでした。

    今まで有岡女史に尽くしてきた忠誠心は間違いなかったと、改めて思い知らされてしまいました。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    チャプターとしては、
    1.お母さんのシングルマッチ
    2.娘さんのシングルマッチ
    3.母娘のタッグマッチ-1
    4.母娘のタッグマッチ-2
    5.母娘のタッグマッチ-3
    である。

    なんだかチャプター3からは普通の、ごくごく普通のAVになってしまっている。

    AVだから都合のいい展開になるのはあたりまえなのだが、娘と一緒にそういうことをするのに、なんの葛藤も罪悪感もなくお話が進んでしまう。

    前半と比較するとトーンダウンしているのが非常に残念だ。

    さて、今回も有岡女史を褒め倒したのだが、ここでえこひいきをもう一つまみ追加したい。

    まだ経験値が低いであろう星宮氏をリードする有岡女史である。

    お母さん役ということもあり、自然にリードする姿に有岡“アニキ”みう女史の男前っぷりを感じずにはいられないのだ。

    やっぱり有岡女史にはかなわない。

    この母娘の幸せを願い、尻子玉を幸運を呼ぶパワーストーンだと偽り、有岡女史に差し出すことしか私にはできないのでした。

  28. 1970351さん より:
    男の夢が現実に

    ありえないことだが夢のような事
    有岡みうが若いので親子と言うよりは姉妹に感じてしまう。

    星宮ゆのんも角度によって少しフケて見える
    あと、夜の時間帯が設定なので、全体的に画面が暗い

  29. 同情から母親と娘と親子丼

    母親からの電話であれこれ言われている独身男。
    その電話中に隣の部屋から揉め事の声が聞こえて来た。
    隣の家族は夫が女の所に行ってしまい捨てられた母娘。
     その2人が独身男の所を訪ねて来た。
    ガスを止められてしまいお風呂を貸して欲しいとの事。
    快くお風呂を貸した後一緒に夕食をする事になった。
     独身男は母娘が不憫に思いここに居ないかと提案。
    母娘の母親はその話を受け入れた。
     母親は身体でお礼をしたいと言い独身男に抱かれたが その一部始終を娘は母親を見習うように独身男にキスをして身体を捧げる。
     その後も母娘2人は独身男と3Pプレイを行う日々が始まった。
     そんな中借金を夫の両親が立替て母親の支払い義務が無くなったと連絡が入る。
     それを聞いた独身男は母娘にこのまま一緒に暮らさないかと求愛。
     母親はそれを嬉しく感じ受け入れ娘も喜び幸せを手に入れたのだった。
     

    ほのぼのとした物語です。
     同情から始まったのだがそれが幸せに繋がったはなし。
     娘が身体を捧げるのは最初だけにしたら自然だったかも。
     結局一緒に暮らす事になっても3Pは変わらず今後母を選ぶのか娘を選ぶのか? 母親を選ぶのが普通でしょうが娘も関係を続けるなら嫉妬が生まれそうと余計な心配をしてしまいました。
     凌辱とか犯されるAVばかりの中 こんなAVも良いなと感じた作品でした。

  30. 1970351さん より:
    男の夢が現実に

    ありえないことだが夢のような事
    有岡みうが若いので親子と言うよりは姉妹に感じてしまう。

    星宮ゆのんも角度によって少しフケて見える
    あと、夜の時間帯が設定なので、全体的に画面が暗い

  31. LEMさん より:
    前半はいいが・・・

    旦那の浮気で貧困に陥った母子を保護したことで夢の生活って話。

    悪くない。

    4回の絡みのうち、お礼として誘惑してきた1回目の絡み。

    有岡との絡みはなかなかカメラアングルもよく良かった。

    が、その後が続かない。
    狭い範囲からの単調なカメラアングルで抜き挿しを避けるような
    アングルが続き、いまいち。
    時折離れすぎるよう意味不明のアングルを繰り返すことも
    減点。
    最初が良かっただけにがっかりした。

  32. 同情から母親と娘と親子丼

    母親からの電話であれこれ言われている独身男。
    その電話中に隣の部屋から揉め事の声が聞こえて来た。
    隣の家族は夫が女の所に行ってしまい捨てられた母娘。
     その2人が独身男の所を訪ねて来た。
    ガスを止められてしまいお風呂を貸して欲しいとの事。
    快くお風呂を貸した後一緒に夕食をする事になった。
     独身男は母娘が不憫に思いここに居ないかと提案。
    母娘の母親はその話を受け入れた。
     母親は身体でお礼をしたいと言い独身男に抱かれたが その一部始終を娘は母親を見習うように独身男にキスをして身体を捧げる。
     その後も母娘2人は独身男と3Pプレイを行う日々が始まった。
     そんな中借金を夫の両親が立替て母親の支払い義務が無くなったと連絡が入る。
     それを聞いた独身男は母娘にこのまま一緒に暮らさないかと求愛。
     母親はそれを嬉しく感じ受け入れ娘も喜び幸せを手に入れたのだった。
     

    ほのぼのとした物語です。
     同情から始まったのだがそれが幸せに繋がったはなし。
     娘が身体を捧げるのは最初だけにしたら自然だったかも。
     結局一緒に暮らす事になっても3Pは変わらず今後母を選ぶのか娘を選ぶのか? 母親を選ぶのが普通でしょうが娘も関係を続けるなら嫉妬が生まれそうと余計な心配をしてしまいました。
     凌辱とか犯されるAVばかりの中 こんなAVも良いなと感じた作品でした。

  33. 夢のような設定

    借金返済のために体で払うという設定はこれまで何度となく観てきたが、自ら母娘で奉仕していくのはなかなかありそうでなかった。
    また、女優さんがふたりとも肉づきがよくやらしい感じがまた良い。

    個人的好みだが娘がタメ口なのが私は気になった。
    『奉仕させて頂きます』とあえて、へりくだる方が依存的ぽくて良かったかな。

  34. ご都合主義

    ご都合主義のストーリーですがそこがよいですね
    ただ一人づつでの絡みから入るのがハーレムものとして弱いですが
    全体のストーリーを考えると仕方がないですかね